【経験談】出世したいなら年上女性と結婚!年上との結婚メリット4つ
スポンサーリンク

年上女性との結婚ってなんか不安

デメリットはなんとなく分かるけどメリットってあるの?

現在、年上女性と付き合っている人、結婚するかどうか迷っている人は絶対こんな悩みがあるはず。
ぼくも同じでした。
プロフィールにもあるように、ぼくの妻は13歳年上です(当時ぼく28歳、妻41歳)。
いざ、結婚となると、10歳以上年上の人と結婚て大丈夫なのかな?と不安になったことを覚えています。

しかし、当時は周りに経験者がいないし、誰にも相談できませんでした。
デメリットが先行しそうな年上女性との結婚ですが、実はそれを上回るほどのメリットがたくさん。
事前にメリットを知っておけば、結婚の話が出ても前向きに話を進められます。

そこで、今回はぼくの実体験ベースでの年上女性との結婚メリットを紹介したいと思います。
現在、年上の女性と付き合っている人、周りに相談する人がいない人は必見です。
恋愛コラムとは異なり、実体験からくるメリットなので必ず役に立つはず。最後まで読んで、ぜひ参考にしてください。この記事があなたの相談相手です。

年上女性と結婚する4つのメリット【経験談】

メリットはたくさんありますが、今回は実際にぼくが体感したメリットだけ紹介していきます。

① 指摘や叱ってくれることを男性側が受け入れやすい

付き合ってる女性から注意や指摘を受けて「イラッ」としたことありませんか?
そういう時って男性が女性を下に見ている場合がほとんどなんですよね。

女性を下に見る考えは良くないですが、それを年上の女性に言われた場合どうでしょう?
既に「年齢が上」というアドバンテージがあるわけなので、年齢面で言えば女性が上の立場です。
それだけでも十分注意や指摘を受け入れることができる理由になります。

ぼくの経験からいうと、会社の尊敬する先輩が妻と同年代だったので、より受け入れやすかったのもありました。
年上でも付き合っている女性から注意されるのは嫌だって人は、身近で尊敬できる先輩を想像して、その人と同年代なんだと思うといいかもですね。
付き合っている人がしてくれる指摘は、結構的を射ていることが多いので、それを受け入れることで人間的成長に導いてくれます。

② 理不尽なことで怒らない

経験上、若い女性に見受けられるのですが、意味わからんことでキレすぎ!笑
そして話も支離滅裂なので結局なんで怒っているかも分からずじまい。。。

ピロリン
この経験はぼくだけ?笑

一方、年上の女性は人生経験が豊富ですし、気が長い傾向にあります。
こちらによっぽど非があれば別ですが、基本的には怒ることも少ないです。
怒ったとしても冷静な怒り方なので建設的な話ができ、相手が何で怒っていて、どうしたら解決できるのか道筋が明確。
同年代、若い女性と付き合って理不尽にキレられた過去があるあなた、年上の女性とのお付き合いを検討してみては?

③ 聞き上手

女性は一般的に話すのが好きで、聞き上手の男性がモテる傾向にありますよね。
とはいっても、ずっと話ばかり聞かされていてはこちらもストレスが溜まるし、たまにはこちらの話も聞いてほしいもの。

話を聞いてもらうだけで、それが解決しなかったとしても精神的に落ち着きますし、吐き出すことで自分の中で整理が可能です。年上の女性は、男性の理屈っぽい話を嫌な顔せず聞いてくれます。

ぼくも仕事の悩みを何度か話したことありますが、めちゃめちゃいいタイミングで話を聞いてくれますし、最終的に自分の中でうまく整理できて解決できた案件も多数。

④ 素直に甘えられる

男性でも甘えられる場所は必要です。
甘えられるってことはつまり、「弱みを見せられる」「心を無防備にできる」「頼れる」ってこと。

なかなかそんなパートナーを見つけ出すのは難しいです。そういうときは、年上女性の出番です。
同年代や年下の女性だと、弱いところを見せるのって抵抗感ありますが、年上女性であれば抜群の包容力で男性の弱いところを包み込んでくれます。
単純に年上なので、抵抗感なく甘えられるのは当然でしょう。

出世する人は年上女性と結婚する

これまで紹介した年上女性との結婚メリットをまとめると、

年上女性との結婚メリットまとめ

  • プライベートでのストレスが少ない
  • 仕事の悩みを打ち明けられる
  • 自分の悪い所を治せる

これ完全に、仕事で成功するポイントを抑えていると思いませんか?
実際に女性のほうが年上で大成功を収めている有名人といえば、エマニュエル・マクロン仏大統領彼は大統領になる以前の2007年、高校時代の恩師(なんと25歳差)と結婚しています。他にもたくさん奥さんが年上で大成功している人はいますが、彼が一番の大物。おそらく彼の奥様もこれまで紹介したメリットを兼ね備えていたはず。

マクロン大統領の話の後に自分の話をすると、かなりかなり小さくなりますが、ぼくが13歳年上の妻と結婚して仕事面で収めた成功は次の通り。

ピロリンが収めた仕事での成功

  • 2回の昇進試験にトントン拍子に合格
  • 普段の仕事が認められて希望の部署(企画部門)に栄転

まとめ:出世したいなら年上女性と結婚!年上との結婚メリット5

この記事のポイント

  • 年上女性は男性パートナーが出世するための要件を持ち合わせている可能性が高い
  • 若い女性が必ずしもダメということではない

今回紹介したメリットは、いずれも年上の女性が持っている可能性が高いということを忘れないでください。
年下の女性でもこれらのメリットを持ち合わせている人がいれば、年上でも持ち合わせていない人もいるでしょう。
あくまで確率の話で、年上女性の方が可能性が高いというだけ。(ただ、年齢差が大きいほど可能性は高い!)

大事なのは年上の女性と結婚することではなく、これらのメリットを持ち合わせている女性と見つけること。
目的を見失わないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事