夏の甲子園2022チケット発売日はいつから?買い方や金額も調査!
スポンサーリンク

夏の甲子園2022チケット発売日はいつから?買い方や金額も調査!を紹介していきます。

夏といえば甲子園!!

毎年出場の強豪校から初出場の高校など甲子園に出るために高校生たちの色々な努力とストーリーがある青春の大会ですよね。

毎回の試合は真剣勝負!プロ野球とは違った息を呑む緊張感があります。

昨年はコロナ対策で大会関係者以外の一般客は入場できなかったようですが、今年はどうなるのでしょうか?

気になる以下の情報を集めてみました。

  • 夏の甲子園2022チケットの発売日はいつから?
  • 夏の甲子園2022チケットの買い方や金額も調査!

 

スポンサーリンク

夏の甲子園2022チケット発売日はいつから?


夏の甲子園2022のチケット発売日がいつからかは7月12日現在で発表されていませんが、過去の傾向から7月23日前後になると想定されます。

夏の甲子園の一般チケット販売があった2019年は以下の通りの日程でチケット販売されていました。

中央特別指定席1、3塁特別自由席
連番通し券6月12日6月28日
前売り単日券7月23日7月23日

2022年夏の甲子園も2019年夏と全く同じ8月6日開幕なので、チケット販売も2019年とほぼ同じ日程になるのは間違いないでしょう。

以上のことから、夏の甲子園2022のチケット発売日は7月23日の可能性が高いです。

ちなみに今年2022年夏の甲子園の全体スケジュールは以下の通りとなっています。

女子決勝8月2日(火)
甲子園抽選会8月3日(水)
甲子園開幕8月6日(土)9時開会式
準々決勝8月18日(木)
準決勝8月20日(土)
決勝8月22日(月)

 

スポンサーリンク

夏の甲子園2022チケットの買い方は?


夏の甲子園2022のチケットの買い方はWEB販売のみです。

例年、前売り券と当日券がありましたがコロナ蔓延以降、チケットの販売も変わっています。

2022年の春の甲子園から一般チケット販売されましたが、その際もWEBのみの販売で阪神甲子園球場窓口での販売はありませんでした(全席指定席)。

当日券についても打ち切れていない場合のみWEBで販売していましたが、会場に着く前に購入する必要があったようですね。

以上のことから夏の甲子園2022のチケットを購入する場合は、前売り券、当日券共にWEB販売のみのようですね!

 

夏の甲子園2022前売り券チケットの買い方

夏の甲子園2022前売り券チケットは全席指定で以下のプレイガイドで購入可能です(1人4枚まで)。

ちなみに、全席指定席ですが座席を指定して購入することはできないようです。

もしかすると通し券がないのもそのためかもしれませんね。

また例年と異なるのがチケットが日付指定券である点です。

つまり、日付が指定されているため、雨天延長により予定されていたカードと異なる試合になる可能性があるということですね!

 

夏の甲子園2022当日券チケットの買い方

夏の甲子園2022当日券チケットも同様に以下のプレイガイドで購入可能です。

春の甲子園2022の時は阪神甲子園球場窓口での販売はありませんでしたが、当日券が欲しい場合は残券があればWEBから購入できるとのことです。

当日の最終試合開始から約1時間後まで発売しているようです。

 

スポンサーリンク

夏の甲子園2022チケットの金額は?


甲子園チケットの料金はエリアによって値段設定がされています。

気になる料金は以下のとおりです。

一般子供
中央指定席3900円
1塁指定席3400円1300円
3塁指定席3400円1300円
ライト外野指定席700円
レフト外野指定席700円

一番良く見えるバッターボックス側がお値段が高いですね。笑

外野席は全体が見渡せて試合全体を観戦するには楽しめると思います。

それにしても外野席との値段の差が大きいですね。

さらにみなさんチケットの金額にも驚かれたと思います。

以前と比較し、かなり値上げをしているようですね。

なぜチケットの値上がりがあったのでしょうか?

調べてみましたのでつづきをどうぞ。

 

夏の甲子園2022チケットの値上がり理由はなぜ?

夏の甲子園2022チケットの値上がり理由は、コロナによる大会中止により大きな経済損失があったからのようです。

実際に、コロナで大会中止にしたことにより経済損失が約670億円にものぼったそうです。

要するに甲子園に見に来る人たちが公共機関を使ったり宿泊したり、買い物したりして発生する経済利益ですよね。

それと甲子園とどういう関係があるのか調査を進めたところ・・・

「コロナ対策として無観客で開催するとチケットの収入がないので運営する高野連と朝日新聞社が約4億円の赤字を被ることになる。」

甲子園ってそんなにお金がかかるのかと驚きました!値上げの大きな理由は運営費だったのですね。

甲子園を夢見て頑張る高校球児たちのことを考えると値上げも仕方ないのかもしれませんね。

 

まとめ:夏の甲子園2022チケット発売日はいつから?買い方や金額も調査!


今回は、夏の甲子園2022チケット発売日はいつから?買い方や金額も調査!を紹介してきました。

前売り券は2019年ですと7月23日から発売していたので、今年も同様に7月23日前後になると思われます。

前売り券も当日券もWEBでのみ販売で窓口販売は無くなりました。

まだ現在では発売の日にちが公開されていませんが7月の下旬をめやすにWEBをチェックしておくとよさそうです。

また、チケットは日付指定になっており指定席ですが選ぶことができないというところも気をつけないとですね。

チケット料金が上がったのはコロナの影響で運営側にも赤字が出たためだったということがわかりました。

値上がりは仕方ありませんが、今回ご紹介したWEBでのチケット購入方法を活用して夏の甲子園を楽しみましょう!

スポンサーリンク