【男性不妊】日常生活でできる簡単妊活4選【時間がない人オススメ】

妊活って結局何したらいいの?

何か難しそうだし、面倒くさそうだな。。。

妊活を始めたものの、何したらいいか分からないって人も多いと思います。
ぼくもはじめは妊活って言うと治療や手術みたいに、お金手間が掛かるものばかり想像していて、結局普段、日常生活で何したらいいか分かりませんでした。

しかし、妊活はそんなに大げさなものばかりではありません。
日常生活にちょっとプラスするだけでも妊活になるものもあるんです!

そこで今回は日常生活の延長線上で出来る超簡単なお手軽妊活を紹介したいと思います。
今から妊活を始める人はもちろん、既に始めている人にもぜひやってほしいことばかりです。

超簡単!今すぐできるお手軽妊活4選

実際にぼくと妻がやって手軽に出来ると感じたものを厳選して紹介していきます!

① 夕食に小松菜の副菜を追加する

小松菜は男女共に妊活に必要な葉酸が摂れ、調理がしやすく、一品に加えやすいという点から選びました。
「小松菜と油揚げの煮浸し」「小松菜とシラスの和え物」等が簡単に調理できてオススメです。

妊活に重要とされる栄養素を含む食べ物はたくさんありますが、いちばん大事なのはそれを毎日定期的に食べること。
実際にうちも、牡蠣やレバー等を食事に取り入れたことがありましたが、残念ながら調理の手間、金銭面から長続きしませんでした。
その点、小松菜であれば妊活にも効果があるし、金銭面、手間面からも続けやすいです。

② トマトジュースにアマニ油、えごま油、オリーブオイルを入れて飲む

いろんな健康番組で超有能とされる「トマト」もちろん、男女共に妊活にも有効です。
トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化力があり、生殖細胞の劣化を防いでくれます。
さらに、トマトジュースにアマニ油、えごま油、オリーブオイルを入れて飲むとその効果は倍増どころか10倍増以上です。

それぞれの効果

  • アマニ油:リコピンの吸収量増加、オメガ3脂肪酸を含有
  • えごま油:リコピンの吸収量増加、オメガ3脂肪酸を含有
  • オリーブオイル:リコピンの吸収量増加

購入するだけで済むので続けやすいという点も魅力の一つ。

参考文献

③ スマホを胸ポケットに入れる

2018年に、スマホから発せられる電波が男性の生殖細胞へ悪影響を及ぼすという論文(Effect of Electromagnetic Waves from Mobile Phones on Spermatogenesis in the Era of 4G-LTE)が発表されました。
あくまでもマウスでの実験内容ですが、電波に長時間にわたり曝されることで男性の生殖細胞の増殖・分化に悪影響があるという結果が出ています。
これを人間に置き換えられるかどうかは定かではないですが、現在の先進各国の出生率を見ても関係ないとは言い切れないと思います。
特に手間がかかるわけではないので、スマホをしまう位置をズボンの前ポケットから上着の胸ポケットに変更したほうがベターでしょう。

④ ミトコンウォークをする

ミトコンウォークとは、体内のミトコンドリアを活性化させるウォーキングのこと。
このウォーキングはぼくが通っていた不妊治療医院でも推奨しているウォーキングで、なんと、ミトコンウォークのやり方を教えてくれる講座までありました。
ミトコンドリアは全ての細胞を作るエネルギーになり、もちろん生殖細胞の成長にも関係します。

ミトコンウォークの方法等については、こちら⇓の記事で詳しく説明しています。

まとめ:今すぐできるお手軽妊活4選!日常生活にプラスワン

この記事のポイント

  • 妊活はお手軽に持続できるものから始めよう
  • 妊活は男女ともに効果のあるものを日常生活に取り入れよう

妊活というと検査や治療に頼り切るイメージがありますが、ぼくはそうは思いません。
治療も大事ですが、日常生活で出来るお手軽妊活を持続することのほうがもっと大事です。
ただ、日常生活の中で大げさなことをやろうと思うと、それだけで手間が掛かってストレスがたまります。

ピロリン
これ、ぼくのことです。(笑)

ネットに書いてあること全てを日常生活に取り入れると「あれもやらなくちゃ」「これもやらなくちゃ」でストレスがたまります。

ピロリン
これもぼくのことです。(笑)

最終的に行き着いたのは今回紹介したお手軽なことばかり。お手軽なことでも持続することの効果は大きいです。
実際に友達夫婦は今回紹介したことだけでうまくいきましたし、ぼくたちも不妊治療医院での治療と同時期に今回紹介したお手軽妊活を実施し、無事に子供が産まれました。
治療前の人にも効果がありますし、治療中に実施することでその治療も効果的に実施することが可能です。
まずは今からできて続けられるものから始めましょう。

おすすめの記事