ワンピース1066話ネタバレ確定!ベガパンク本体素顔判明&ドラゴンの秘密!
スポンサーリンク

ワンピース1066話ネタバレ確定!ベガパンク本体素顔判明&ドラゴンの秘密!と題してお送りします!

2022年11月14日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプに掲載されるワンピース1066話についてネタバレ最新情報になります。

>>1066話のネタバレ確定情報はこちらからすぐにジャンプ

最新話で描かれていた主な内容としては、

  • ジンベエ型セラフィムがサンジ・ナミたちを襲う
  • PUNK03ピタゴラス、PUNK04エジソン、PUNK06ヨークが登場し全てのベガパンクが出揃う
  • ピタゴラス、エジソンはロボット型
  • ヨークは食、睡眠など必要な「欲」を全て管理する担当
  • エッグヘッドは未来の島ではない
  • 過去900年前にエッグヘッドのような技術を持つ文明があった
  • ルフィたちが古代のロボットを発見
  • 久々にカリブーが登場

となっています!

これらをもとに1066話の考察を行っていきますね!

>>11/7掲載の前回1065話のネタバレ考察はこちらから

 

タップできる目次

スポンサーリンク

ワンピース1066話確定の感想

1066話では過去の伏線が色々と回収される回でしたね。

話の始まりはシャカの語りから。

シャカの口からロビンの故郷であるオハラがなぜバスターコールによって殲滅されたか語られます。

それを聞いた一同は驚きを隠せません。

さらにシャカは続けます。

「オハラの意志は生きている」と。

そして、ベガパンク(シャカ)の過去の回想で政府の襲撃により焼失してしまったと思われていたオハラの大量の書籍をオハラの学者達が守っていたことが判明します。

そして現在、その書籍達はエルバフにあるというのです。

なんと、ロビンの友人であるハグワール・D・サウロ率いる巨人たちが事前に書籍をエルバフへと運び出していたという熱い展開!

まさかのドラゴンとベガパンクがオハラに一緒にいたことが過去の回想で判明!

そして、オハラのクローバー博士とドラゴン、ベガパンクは顔見知りの模様です。

オハラは政府の襲撃により虐殺事件が起こった場所ですが、この事件をきっかけにドラゴンは革命軍結成を決意。

研究者という点でベガパンクとオハラに繋がりを見出すことはできますが、まさかベガパンクとドラゴンはオハラにいたとは想像できませんでしたね!

そして場面は変わってルフィ達。

ルフィはついにベガパンクの本体であるステラと邂逅。

ベガパンクステラはもちろんルフィがドラゴンの息子であることを知っている様子。

CP0がベガパンクを狙っていましたが、今後ルフィ達がベガパンクを守るという展開でしょうか?!

過去のベガパンクと現在のベガパンク(ステラ)の容姿が異なっていたのも気になるところですよね。

今後も見逃せません!

>>1066話のネタバレ確定詳細情報はこちらから

 

スポンサーリンク

ワンピース1066話ネタバレの考察

最新話で描かれていた主な内容、

  • ジンベエ型セラフィムがサンジ・ナミたちを襲う
  • PUNK03ピタゴラス、PUNK04エジソン、PUNK06ヨークが登場し全てのベガパンクが出揃う
  • ピタゴラス、エジソンはロボット型
  • ヨークは食、睡眠など必要な「欲」を全て管理する担当
  • エッグヘッドは未来の島ではない
  • 過去900年前にエッグヘッドのような技術を持つ文明があった
  • ルフィたちが古代のロボットを発見
  • 久々にカリブーが登場

をもとに1066話の考察を行っていきます。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|エッグヘッドの技術は月の古代都市の技術?

500年後の未来という代名詞だったエッグヘッドですが、その代名詞に劣らずエッグヘッドにあるものは最新に思える技術で溢れていましたよね。

しかし、最新話では、エッグヘッドは未来の島ではないことが判明します。

900年もの昔の古代にエッグヘッドのような技術を持つ文明が存在したのです。

古代都市にもかかわらず、ロボットなど近未来とも思える技術であることを考えると「月の古代技術」が想像されますよね。

過去これまで、扉絵ではエネルが月の古代都市にたどり着いた様子が描かれていました。

そしてそこに描かれていた月の古代技術では、無数の小型ロボット兵が登場しています。

ボロボロになったロボット兵にエネルが電撃を加えることで蘇生し、エネルが小型ロボット兵を従えるところでエネルシリーズの扉絵は一旦終了しています。

「古代技術」「ロボット」「近未来とも思える技術」を考慮すると、エッグヘッドの古代技術は月の古代技術である可能性が高いですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ツキミ博士とベガパンクの関係

月といえばエネルシリーズの扉絵でも登場してきたツキミ博士の存在。

ツキミ博士はベガパンクと同じく未来国バルジモアの出身で、現在は亡くなっているとされています(死因は団子を詰まらせた)。

ツキミ博士はカラクリロボットのスペーシー中尉というロボットを発明していますが、実はこのロボットが、エネルが月で発見したロボットに酷似しているのです。

このことから考えられるのが、ツキミ博士が月の古代技術の知識を有していたこと。

そして、ベガパンクが統括するエッグヘッドが月の古代技術を発展させた島であると仮定すると、ツキミ博士はベガパンクの師と言える存在なのかもしれないですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|エッグヘッドとエネルの関係

エッグヘッドが月の古代技術に関連した島であるとすると、エネルが到着した月の古代文明、引いてはエネルとエッグヘッドとの関係性も出てきます。

エネルは空島のビルカ出身ですが、エネルがたどり着いた月の古代文明にもビルカという名前の土地が存在します。

エッグヘッドと月の古代技術が関連しているとすると、月の古代技術を通じて、エッグヘッドとエネルに繋がりが出てきますよね。

今後、月の古代技術に関する描写が出てきた際にはエネルとのつながりについても要注意ですね!

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|エネルの再登場はあるか

月の古代技術の示唆により関係性が出てきそうなエネルですが、今後本誌に登場する機会はあるでしょうか?

個人的にはあると思います。

その可能性を強めるのが直近のショコラタウン氷漬け&プリン誘拐の扉絵が本誌と関連してきたことです。

これまで、長きに渡りエネルに関する扉絵が連載されていましたが、扉絵と本誌が交差することが判明した今、エッグヘッドでの月の古代技術の出現により、エネルの本誌登場の可能性は高そうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|シャカがサテライトのリーダー?

これまでのPUNK01シャカの行動を見るとサテライト全体のリーダー的な役割があると思われます。

リリスの行動を制御したのもシャカですし、その他のサテライトとは異なる雰囲気で、シャカのいうことであればその他のサテライトは指示を聞いていましたね。

ここからは想像になりますが、ステラ(本体)と接触できるのはシャカのみなのではないでしょうか。

そのためドラゴンという革命軍のトップとも会話をできるかなり重要な立場にあるということです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|PUNK01シャカの真意は?

シャカはドラゴンと親密そうに会話をしていましたが、ルフィがドラゴンの息子だからという理由だけで麦わらの一味を助けたわけではないでしょう。

ベガパンクは、2年前くまがルフィたちを助けた理由をくまから少し聞いているのではないでしょうか?

くまがルフィたちを助けた理由について、詳細を確認するために、ベガパンク本体が麦わらの一味と接触したい、そしてその願いを知っているシャカは一味をステラと合わせたい。

ここから想像できるのは、麦わらの一味がついにベガパンクの本体を接触するという流れですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ジンベエセラフィムはスイスイの実の能力者?

最新ではジンベエのセラフィムが登場してきました。

そこではジンベエセラフィムはドンキホーテ海賊団のセニョール・ピンクの能力であるスイスイの実の能力のような能力を発揮します。

フランキーはジンベエセラフィムが攻撃を仕掛けた際、「おい……!!その能力は!!!」と発言。

セニョール・ピンクと対戦したフランキーがこのような反応をしたということは、その力はスイスイの実の能力に違いないということでしょう。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|スイスイの実のセニョールの生死は?

結論になりますが、ジンベエセラフィムのスイスイの実の能力が本物である場合、セニョール・ピンクは死んでいる可能性が高いです。

スケスケの実の能力を黒ひげ海賊団に奪われたアブサロムが死んでしまったことを考えると、能力を奪われた場合、奪われた方は死に至ると考えられます。

同じ悪魔の実は2つと存在しないことも判明しているので、セニョールは死んでいる可能性が高いと思われます。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|青キジが黒ひげ10番船船長?

最新話付近ではクザンが黒ひげ海賊団3番船船長のヴァン・オーガーと共にプリンを誘拐したことが判明しました。

過去の五老星の発言からクザンは海軍を去った後、黒ひげに加担していることがわかっていました。

この五老星の発言自体にも驚いた方も多いはずですが、何か理由があって黒ひげと共に行動しているのという見方が大半でしょう。

それを裏付けるように目立った行動がなかったクザンですが、ここにきて明らかに黒ひげにメリットの大きな行動に動いています。

これはもう加担というよりも仲間として行動しているという言い方の方が正しいですね。

3番船船長のヴァン・オーガーと共に行動していたことからも、同格であることが想像できます。

ということはこれまで空席だった10番船船長がクザンといっても違和感ありませんね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|プリン第3の目覚醒でポーネグリフは読めるのか?

ポーネグリフを読める人物として、黒ひげはプリンを攫いました。

しかし、これまで三つ目族の第3の目の覚醒がどのような能力をもたらすのか判明していませんし、現時点でプリンが覚醒したと判明もしていません。

第3の目の覚醒は「全てを見通す力」とされているので、ルフィやロジャーが持っている「万物の声を聞く力」の上位版でしょうか?

万物の声を聞く力の最上位の力と考えられる光月おでんはその力でポーネグリフを読むことができました。

「万物の声を聞く力」と第3の目の覚醒の「全てを見通す力」の違いは「見る」と「聞く」でしょうか。

ほぼ同等の力と思われる両者ですが、「見る」「聞く」の違いが能力の差に現れそうですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|シャカの「私はもうすぐ死ぬ」はどういう意味か

最新話付近ではPUNK01はドラゴンについては「私はもうすぐ死ぬ」と発言していました。

もしこれを意味するのが「死」であれば、CP0がベガパンクの暗殺に動いていることを知っていることになります。

シャカはそのように周りの状況を察知する能力があるのでしょうか?

シャカの発言からは、「私はもうすぐ死ぬ」ということでシャカだけが死ぬのか、ベガパンクとして死ぬのか非常に注目です。

もしかすると、ベガパンク本体の年齢的にもベガパンク本体の寿命が近づいているのかもしれません。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ドラゴンとPUNK01シャカの関係は旧友か?

PUNK01とドラゴンは通電をしていましたが、その際、お互いもともと古い顔なじみのようにフランクに会話をしていました。

PUNK01シャカはPUNKの中でも特別な存在でドラゴンとも仲がいいということなのか、それともPUNK01はベガパンク本体として会話していたのか、それによってもドラゴンとベガパンクの関係が変わってきそうです。

ドラゴンとベガパンクが知り合いなのであればドラゴンはベガパンクにくまを治すよう依頼するはずですが、、、どうなのでしょうか???

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ビッグマムとカイドウは本当に死んだのか?

最新話ではプリンが「ママが生きていれば、、、」とビッグマムが死んだとされる表現が描かれていました。

しかし、本当にビックマムは死んだのでしょうか?

ワノ国では、ルフィはビッグマム、カイドウを打倒しました。

いずれもワノ国のマグマに落ちるという最後で、それ以降登場していません。

死に強いこだわりを持っていたカイドウはともかく、ビッグマムの異常な生存能力から死んでいるとは考えにくいです(もちろんカイドウも)。

古代兵器プルトンがワノ国にあることから舞台は再度ワノ国になるはず。

ビッグマム、カイドウが生きているとしたら、そのタイミングで再登場があるかもしれないですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ローの不老手術が黒ひげにも施術?

黒ひげと戦闘が始まったロー。

黒ひげの目的はローが持っているポーネグリフですが、ローが負けた場合、オペオペの実の能力もオバ割れることが想定されます。

オペオペの実を黒ひげ海賊団の誰かが食べた場合、黒ひげは不老手術を施術できるため、黒ひげがよりがより強力な相手になってしまいます。。。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ローvs黒ひげに決着がつく?

最新話付近では、ローと黒ひげの戦いが描かれています。

これからロー率いるハートの海賊団とティーチ率いる黒ひげ海賊団の全面対決になるでしょう。

海賊団として戦力を見ると明らかに黒ひげが上ですが、ローと黒ひげ単体で見ると、すぐには決着はつかなさそうですよね。

おそらくは数話にわたって戦いの模様が描かれるでしょう。

これまでハートの海賊団の面々の戦いの記載はあまりなく、強さに疑問がありました。

しかし、この戦いでハートの海賊団の面々の真の強さが分かりそうですね。

ワノ国の戦いで覇気が強化されたローと、黒ひげの対決も見ものです!

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ラフィットの能力はゾオン系の悪魔の実か

直近では、海賊団のメンバーの一部の悪魔の実の能力が判明しました。

今後その他のメンバーについても能力が判明する可能性が高いです。

中でもラフィットについては、これまで戦闘の詳細な記載はないものの、過去に腕を白い翼に変えて浮いていた描写がありました。

以上のことから、ゾオン系の悪魔の実の能力者である可能性が高いですね!

羽を持っていることからも、トリトリの実モデル梟や、幻獣種・天使などが考えられますね。

「ホホホホ」という笑い方なので、モデル梟という線はあり得ますね!

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|黒ひげ4番・7番・8番船船長の悪魔の実

黒ひげ海賊団の中でも現時点で能力が判明していなのがラフィット以外に、

  • 4番船船長:アバロ・ピサロ
  • 7番船船長:サンファン・ウルフ
  • 8番船船長:バスコ・ショット

こちらのメンバーの能力がまだ未定です。

今後ロー達との戦闘の様子によっては、上記メンバーの能力も判明しそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|くまとボニーは実の親子ではない?

ボニーはくまのことを特殊な種族と言っていましたが、その発言には違和感が残ります。

くまとボニーが血のつながった親子であれば、例えハーフだとしてもボニーもその特殊な種族に違いないからです。

しかし、くまとボニーが血のつながらない親子であれば話は別。

ワンピースにはよく「親子」「兄弟」という表現で血のつながらない親子、兄弟を表現しているので、ボニーのセリフの違和感からもボニーとくまは本当の親子ではない可能性もありますね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|小人らしき研究員はなぜ顔を隠していた?

最新話付近では、ルフィ達がいるエッグヘッドにおいて、正体不明の小人の研究員?と思しき小人が登場。

ルフィ達の後ろを小人達が通り過ぎた際、チョッパーがそれに気づき、ボニーが「研究員ではないか」と発言します。

ちなみに小人と言ってもチョッパーより少し身長が低いレベル。

しかし、実際に彼らが研究員なのかは不明です。

小人たちは深くフードをかぶっており、目元も顔も分かりません。

顔が隠れているということは、これまで登場した顔が割れている人物に関係あるのでしょうか?

近いうちに小人達の正体も判明するでしょうね!

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ベガパンク暗殺とルルシア王国崩壊の関係

ルッチは登場の際、以下の発言をしていました。

「世界一役に立つ男を消すか…先日のルルシアの件と…何か繋がりが…?」

ルルシアの件とは、サボが目撃したイム様の力のよるルルシア王国の崩壊のこと。

ルッチのこの発言から、ルルシア王国の崩壊とベガパンクを暗殺する任務には何かしらの関係があると考えられます。

今後、ルルシア王国とベガパンクとの関係性も明らかになりそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|CP0がベガパンクを暗殺する理由

そしてルッチは「世界一役に立つ男を消すか…」とベガパンクの暗殺を惜しそうにしていました。

しかし、結局はベガパンク全員を暗殺するために動きます。

ルルシア王国の崩壊後にベガパンクを暗殺しないといけない状態になったと考えると、例えば、

  • イム様の能力と考えられたルルシア王国への攻撃はベガパンクが作った兵器によるものだった
  • その兵器は世界政府の想定以上の威力だった
  • その威力を他人に渡さないようにするために兵器の存在を知っているベガパンクは消される
  • ベガパンクが空白の100年の秘密を知っている

あくまでも筆者の想定ですが、可能性としては考えられる暗殺理由です。

今後の展開に注目ですね!

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ボニーが語るサボの真実

最新話付近ではボニーはマリージョアでサボと遭遇していたことが判明しています。

たまたま遭遇しただけなのか、それとも一緒に行動していたかは不明ですが、イム様のルルシアへの攻撃をボニーも見たのかもしれません。

もしも、ボニーがサボと共に行動していたすれば、虚の玉座に座る人物、つまりイム様の姿も見た可能性も。

サボがイム様について詳細を語ろうとしていて通電が切れ、直近でサボの近くにいた人物(ボニー)が現れたことを考えると、ボニーがサボの代わりにイム様の話をすることも考えられますね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ボニーはルフィたちの仲間になる確定?

ワノ国編では、ルフィ達麦わらの一味はほぼ鎖国状態のワノ国内での出来事のみしか知りません。

その他の世界情勢を知る手段としては新聞のみ。

ここにきてマリージョアにいたボニーと出会った理由は、ボニーがルフィ達に情報伝達する役目なのかもしれません。

ボニーの目的であるバーソロミューくまの奪還とルフィ達の目的が合致すればまとまった期間でルフィ達とボニーは共に行動することになる可能性が高いです。

また、目的が一致すればボニーとルフィたちが共に行動する可能性が高いですが、そのまま仲間になる可能性もあります。

理由として1番大きいのが、最新話でルフィがボニーの名前をしっかり「ボニー」と呼んだこと。

これまでルフィが正式名称で呼ばない人物は仲間にならないというジンクスがありましたが、ここに来てのボニー呼び。

これはボニーが仲間入りする伏線かもしれません。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ベガパンクは6人全部を倒しても死なない?

ベガパンクにオリジナル本体がいる場合、PUNK01〜PUNK06全員を倒しても死なない可能性が高いです。

逆に本体がPUNK01〜PUNK06に指令をおこなっている場合は、オリジナル本体を倒せば、PUNK01〜PUNK06全員のを倒すことにつながる可能性もあります。

しかし、PUNK01〜PUNK06それぞれ個性を持っていて自律していそうに見えるところが気になります。

もしかすると、オリジナルは人間の形を保っておらず「脳みそ」だけで存在している可能性もありますね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|シャカがゾロ達を招いた理由が判明

そしてPUNK01シャカはPUNK02リリスを通じてゾロ達と遭遇した際に、一言「その一味には興味がある」という発言。

PUNK01の思惑は一体何なのか、ゾロ達は実験台にされるのか?

次回以降、PUNK01の発言の目的が判明しそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|PUNK01〜PUNK06には血統因子が使われた?

ベガパンクとえいば、血統因子です。

新型パシフィスタであるセラフィムはベガパンクが研究していた血統因子を利用していました。

このことからも自分の分身体であるPUNK01〜PUNK06に血統因子を利用している可能性が高いですよね。

血統因子を利用したクローンやサイボーグという線が濃厚でしょう。

今後、PUNK01〜PUNK06ぞれぞれに誰の血統因子を使っているかが明らかになりそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|赤犬がボニーを一目置く理由

595話において、ボニーが政府から逃げようとして捕まった際の赤犬サカズキの発言を覚えていますでしょうか?

「お前が政府から逃げたと聞いた時ァひやりとしたがのうーだがもう全て終わった…」

最悪の世代というルーキー海賊で、最悪の世代としては戦闘能力が低いボニーをここまで現在の海軍トップである赤犬が恐るのには疑問が残ります。

おそらくボニーのトシトシの実の能力が政府や海軍にとって非常に重要で、今後その能力を使った大きな出来事が明かされるかもしれません。

最近でいえば、新型パシフィスタとして登場したセラフィム。

彼らは子供の状態で登場してきました。

政府としてはこれらを早急に成人まで成長させ、最大限に力を発揮できる姿にしたいところだと思います。

セラフィムか関連でボニーの能力が使われようとした(すでに使われた)といいうのはあり得そうです。

その他、ボニーが何かの大きな秘密を握っている可能性やトシトシの実のその他の活用が考えられます。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ベガパンクの技術で麦わらの一味パワーアップ

今回、麦わらの一味がベガパンクと遭遇したことで考えられる展開として、ベガパンクの科学技術の応用があります。

今後、黒ひげ海賊団(もしかすると赤髪海賊団とも)の最終決戦するにあたって、麦わらの一味は能力的に劣っている部分があるでしょう。

最終決戦前にベガパンクに出会ったのは、麦わらの一味強化の伏線かもしれませんね。

前回のベガパンク登場時の反応からフランキーは自らベガパンクの知識に飛びつく可能性がありますね。

少なくともフランキーの強化には繋がるかもしれません。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|サニー号強化で追加される機能とは?

ベガパンクにより船大工であるフランキーの強化があれば、必然的にサニー号の強化にもつながると考えられます。

科学技術を用いた機能がどのようなものになるか楽しみですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ベガパンクは政府から離脱する?

ベガパンクは政府に雇われの身であることを話していました。

おそらくは金銭面の援助があるという理由で政府に雇われているのでしょう。

政府に雇われていること自体は全く魅力でなく、資金を研究に使えることがベガパンクにとって大事。

自身で金銭を生み出したり、他の機関から金銭援助があれば政府からの離脱は免れないですね。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|悪魔の実の正体が明らかになる?

ベガパンクは人工悪魔の実を研究していました。

そのため、悪魔の実の秘密や真実について最も深く知る人物の1人であると考えられます。

また、48巻のSBSの中で尾田先生は悪魔の実の秘密が判明する時のことについて話していました。

「いずれ本編に登場する”ある博士”が悪魔の実とはどういうものか説明してくれる」

これは、人工悪魔の実を研究しているベガパンク以外にいないのではないでしょうか。

今後、悪魔の実の秘密がベガパンクによって明らかにされる可能性は高そうです。

 

ワンピース1066話ネタバレの考察|ヒトヒトの実の秘密が判明

ルフィが食べたゴムゴムの実の正体が実はヒトヒトの実モデル幻獣種ニカであることが判明して以降、チョッパーはヒトヒトの実にも注目が集まっています。

チョッパーとルフィ以外にもヒトヒトの実を食べた能力者はいますが、詳細が明らかになっていないのはチョッパーだけ。

そしてここに来て、麦わらの一味はヒトヒトの実を所持しているルフィとチョッパーが共に行動することに。

さらには、悪魔の実の真実を知るであろう、ベガパンクの登場。

これは謎が多いヒトヒトの実の真実が明らかになる伏線ではないでしょうか?!

 

スポンサーリンク

ワンピース1066話以降のネタバレ考察

1066話以降で残された伏線について考察していきます。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|ワンピースの正体の有力説

ワンピースに残る大きな謎の一つとして「ワンピースの正体」が挙げられます。

現時点で正体は明らかになっていませんが、これまでワンピースの正体について原作内で語られたことや尾田先生の発言を以下にまとめてみます。

  • ラフテルに存在する
  • 形のないものではなく実在するもの(尾田先生の発言)
  • ジョイボーイが残した「とんでもねェ宝」
  • ロジャーは「早すぎて」手に入れられなかったが笑っていた
  • ワンピースの発見で世界がひっくり返る

以上を考えるにワンピースとは「誰もが支配から逃れて自由な世界」を意味すると推察します。

さまざまな種族、上下関係があるワンピースの世界には少なからず支配が存在。

土地的にもワンピースの世界は「レッドライン」と「グランドライン」によって4つに分断されています。

この土地的な分断が人々の自由を阻害する1つの要因と言っても過言ではありませんよね。

この土地的な分断を覆す「何か」(=ワンピース)をロジャーは発見したのではないでしょうか?

例えば「世界地図」や「地球儀」。

これまで考えられていたワンピースの世界の地図が誤っていて、本当は土地なんて分断されておらずワンピースの世界の本当の姿を表した地図や地球儀があったと考えることができます。

こう考えると、「とんでもねぇ宝」「世界がひっくりかえる」「実在する」に合致します。

また、「本来は分断されていない土地」と判明しただけでは、当時のロジャーいた時代の支配や階級はどうしようもできなかった=「早すぎた」にもあっている内容ですね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|麦わら海賊団11人目の仲間は誰?

ルフィが10人は仲間が欲しい発言したことから、11人目の仲間がそろそろ出てくるはずです。

物語の終盤であることを考えると早く仲間として登場してきてほしいところですね。

可能性がある人物としては、ヤマト、ビビ、直近で出てきたボニーあたりが本命で大穴でカタクリ、ベガパンクでしょうか。

ビビについては直近で動きがありそうなのでビビが仲間になるとしたら近々かもしれませんね。

ビビになった場合、船員としての役目が気になるとことですが、そもそも麦わらの一味の役割はオーバー気味。

役割としてあるとしたら「副船長」「参謀」「見習い」「科学者」あたりでしょうか。

役割の面からも11人目について色々考察できそうですね!

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|青キジが黒ひげと手を組んだ真の目的

元三大将である青キジ:クザンは黒ひげティーチに加担しています。

普通に考えるとおかしな話なので、青キジが黒ひげと手を組んだのには何か理由があるはず。

青キジが黒ひげに加担している真の理由も今後明かされていきそうです。

現状可能性として考えられるのが「以前の同僚ハグワール・D・サウロを探すため」もしくは「スパイとして黒ひげ海賊団に乗り込んでいる」のいずれか。

後者は軍本部機密特殊部隊「SWORD(ソード)」の隊長X・ドレークがカイドウのところへスパイとして潜入していたパターンですね。

しかし、青キジについては、黒ひげにはもちろん海賊全員が元大将であることを知っています。

そんな素性がハッキリしている人物がスパイとは考えにくいですね。

前者である場合、グワール・D・サウロの情報と共に青キジの目的について語られるはずです。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|ルフィたちが次に向かうのはエルバフ?

ワノ国編終了後、ルフィ、キッド、ローは旅路を分かちました。

ルフィ達は南東に向かうことになるのですが、その先には「エルバフ」があるのではないかと推察します。

エルバフといえばワンピースの序盤でルフィとウソップがであったドリーとブロギーの故郷、巨人族の住む島。

コミックスを読んでいる人は知っているかもしれませんが、SBSにおいて尾田先生はワノ国の次の島では「世界的展開、誰も読んだことがないような大興奮の物語」「ワンピース史上、最も巨大な戦いを描くことになる」とコメントを残しています。

これを言葉通りにとれば、「巨大な戦い」=「巨人族との戦い」と捉えることができます。

つまり、ワノ国の次の目的地は巨人族の住むエルバフの可能性が高いということですね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|エルバフでウソップの夢が叶う?

仮に次の行き先がエルバフだとすると、ウソップの夢が一つ叶うことになりますね。

ウソップはドリーとブロリーと出会ってから、エルバフええ行くことを夢見ていました。

…こんな戦士達の暮らす村があるんなら、おれはいつか行ってみてェなァ……!!!

引用:ワンピース/尾田栄一郎/集英社

ウソップの海賊としての本当の夢は「勇敢な海の戦士になること」ですが、その夢を叶える一つの足がかりがエルバフへの到達とも考えられます。

今後、一味の夢が少しずつ叶っていく描写がされていくことになるかもしれませんね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|火ノ傷の男の正体は誰?

ワノ国編終了直後の話の中でキッドが「ワンピースの争奪戦のためには火ノ傷の男を捜さなければならない」という趣旨の発言をしています。

これを聞いていたルフィにはなんの事かわからない様子でしたが、キッドは何か知っている雰囲気を醸し出していましたよね。

ここで火の傷の男が何者かを考えてみます。

麦わら海賊団にはポーネグリフを読めるロビンがいますが、ハートの海賊団、キッド海賊団にはポーネグリフを読める仲間がいません。

このことから、キッドやローにはポーネグリフを読める人物が必要、つまり探さなければならない火ノ傷の男はポーネグリフを読める人物であると考えられます。

ポーネグリフを読める人物として思い浮かぶのはオハラの人々。

しかし、オハラはバスターコールによって火の海にされましたよね。

もしも、運よくバスターコールから逃れた人物がいれば、火傷、つまり火ノ傷があっても不思議ではありません。

キッドが火ノ傷の男について話していたとき、意味深にロビンが映し出されていました。

このことからもロビンと関係が深いオハラにいた人物が火ノ傷の男の可能性が高いですね。

火ノ傷の男についても少しずつ情報が出てくると考えられます。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|古代兵器プルトンとモモの助の関係

ワノ国編ではまだ多くの謎が残っています。

その一つが古代兵器プルトンとモモの助の関係性。

まず、プルトンはワノ国の地下に眠っているとされています。

そして、モモの助は象主であるズニーシャと会話することができます。

この能力は古代兵器ポセイドンとされている「しらほし」が海王類たちと会話できる能力と似ていると思いませんか?

今後古代兵器プルトンを手に入れるためにワノ国に戻ってくことがあれば、そこにモモの助が大きな影響を及ぼすに違いありません。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|最後の4つ目の“歴史の本文”

ロードポーネグリフとは「空白の100年」を記した碑文ポーネグリフで、これまで世界政府はその存在を隠してきました。

それはポーネグリフの中でも特に重要なもので、ラフテルの行き方を示していることが理由です。

麦わらの一味は4つあるロードポーネグリフの内、3つを所持しているので、最後の4つ目のロードポーネグリフが見つかればラフテルへの行き道がわかるというわけです。

しかし、ロビンの話によれば、最後のロードポーネグリフは長い間、誰も見つけることができなかったとされています。

最後に見つけたのはロジャー達で、その時には魚人島の海の森に4つ目のロードポーネグリフがありました。

しかし、ルフィ達が魚人島を訪れた際、ロードポーネグリフはなくなっています。

ここから考えられるのは、誰かが持ち出したということ。

黒ひげやシャンクスが持ち出して所有している説がありますが、現時点では何もわかっていません。

今後、情報が出てきそうですね。

謎に包まれた4つ目のロードポーネグリフ、ヒントが出てきた際は、こちらに追記していきます。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|ゾロと霜月リューマの関係

ゾロの故郷はイーストブルーのシモツキ村で、その村を作ったのが霜月コウ三郎。

そして霜月コウ三郎の息子はゾロの師匠である霜月コウシロウです。

そしてワノ国の大名である霜月牛丸と霜月コウ三郎は密接な関係(兄弟?)であることも示唆されています。

そしてそのずっと祖先には霜月リューマが。。。

ということは、ゾロ含め霜月コウシロウ、娘のくいな、ゾロの周りの多くがリューマの血が流れていることになります。

今後、ゾロの出生も含め霜月家、霜月リューマとの関係も判明しそうですね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|ルフィおでんロジャーモモの助の“万物の声”

ルフィ、おでん、ロジャー、モモの助が持っている万物の声を聞く力。

万物の声を聞けるというのは一見、見聞色の強化版のように見えますが、そうでありません。

万物の声が聞こえるというのは「本来声を発するはずのないものの声を音声として聞くことができる」ということ。

さらには、ルフィ、おでん、ロジャー、モモの助が持っている力もそれぞれ少しずつ異なることが判明しています。

ルフィ、モモの助は共にズニーシャの声を聞くことはできましたがモモの助はズニーシャに声を届けることができました。

また、同じくロジャーもレイリーの発言から「万物の声を聞けた」と判明していますが、話せたかどうかはわかりません。

今後この万物の声についても明らかになって来そうです。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|シャンクスが言った“ある海賊”の正体

少し前の話で、シャンクスは五老星に相対し、「ある海賊について話がある」という報告をしています。

このある海賊とは一体誰のことなのでしょうか?

正直ワンピースの中でも特に謎なこの発言、ある海賊とはヒトヒトの実幻獣種ニカのルフィのことなのか、はたまた黒ひげのことなのか?

気になるところですね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|シャンクスの正体は天竜人?

シャンクスは五老星と対面して話せるほどの関係性をもち、そして頂上戦争においてセンゴクに「お前の言うことなら聞いてもいい」と言わしめた人物。

例え四皇といえども、これだけ世界の大物から一目置かれる海賊はシャンクスしかいません。

なぜ、これだけの大物に対して影響力があるかと考えたとき、シャンクスが天竜人であると仮定すると納得がいきます。

さらに、ワンピースの最新映画で五老星の発言からシャンクスはフィガーランド家の血筋と判明しています。

フィガーランド家が天竜人かどうかは判明していませんが、わざわざ〇〇家と呼ぶくらいなので影響力が強い家系には違いありません。

影響力が高い家系の一つの可能性として天竜人というのは違和感がない結論です。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|クロコダイルの弱みとイワンコフ

以前から言われていおり、いまだ謎に満ちているのがイワンコフが握っているクロコダイルの弱み。

イワンコフのホルホルの実の能力から、実はクロコダイルは元女であり、何かの理由があってイワンコフによって男に換えられたという説が濃厚です。

さらに、本考察ではクロコダイルはアマゾンリリー先代皇帝ではないかと推察します。

現在ハンコックが皇帝を務めるアマゾンリリーですが、先々代皇帝、先々々代皇帝は判明しているものの、先代皇帝については謎です。

また、クロコダイルの名前を「クロコ・D・アイル」と分解してみると「アイル」は花の名前。

アマゾンリリーはハンコック以外全員花の名前がついています。

以上のことから、クロコダイルが元女性と仮定した場合、アマゾンリリー先代皇帝の可能性がありますね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|“Dの意志”の謎の解明

ワンピースには、ルフィをはじめミドルネームに「D」をもつ人物が複数います。

「Dの意志」はチョッパーが仲間に加入する際、別れ際にドクターくれはがルフィの手配書をみてぼそっとつぶやた言葉でした。

そこから早10数年、節々にDの一族、Dの意志という言葉は出てくるのもの、その謎は深まるばかりで一向に明らかになりません。

実は、ワンピースの登場人物の中でロジャーと白ひげだけがDの秘密を知っていたとされますが、すでに2人ともなくなっています。

今後、これらの謎も解明されていきそうですね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|シャンクスがロジャーにした質問と涙の理由

25年前に最後の島ラフテルに到達後、帰還したロジャー。

シャンクスはロジャーに何かしらの質問をしますが、その回答を聞いて号泣していました。

この構図、どこかで見た気がしますね。

実際漫画を確認してもらえると分かりますが、ルフィの幼少期がシャンクスに向かって泣きじゃくる様子と似ています。

その時にルフィが泣いたのは、①自分のせいで腕を食べられたシャンクスに対する自責の念、②別れの際に麦わら帽子とともに夢を託されたシーン。

もしかするとシャンクスもロジャーに対し「自責の念を感じた」「夢を託された」のかもしれませんね。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|終盤に登場する眼帯の海賊の正体

尾田先生の話ではワンピースの物語の最後に1度だけ登場する眼帯の海賊がいることが判明しています。

眼帯といえば、まさに海賊の象徴。

しかし、尾田先生は眼帯なんて書かなくでも海賊を描ける!という意気込みでこれまで眼帯の海賊を登場させていません。

織田先生はその海賊を描きたくでうずうずしているらしいとのこと。

さらに、以下のような発言も。

みんなの頭に固まった海賊のイメージがあるのなら、僕は、少年がそこへ行きつくプロセスを描いてやろうと思ったわけです。

引用:ONE PIECE PARADISE!/尾田栄一郎

つまり、なぜ海賊が眼帯をするのかのプロセス、過程を描くということ。

海賊のプロセスと言ったらまさにルフィがこれまで、そしてこれから冒険していく過程。

以上のことから、眼帯の海賊=ルフィと考えることもできますね。

過去に掲載されたルフィの40歳、60歳の姿では眼帯はしていませんが。

しかし、ここでもし眼帯をしていたらバレバレなので、これを理由にルフィの可能性を排除はできません。

ルフィ以外の可能性を考えると、これまで姿が露わになっていない大物、「ロックス」「ジョイボーイ」あたりでしょうか。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|麦わら大船団が引き起こす事件の内容

ドレスローザ編で結成された「麦わら大船団」。

バルトロメオをはじめとする7人が勝手にルフィと子分盃を交わし総勢5600人超えの大船団です。

この紹介があるとき一つの大きな伏線が貼られます。

それが、以下のナレーション。

この先各個に成長を遂げ…いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすのだが…今はまだ…誰も知らない物語

ワンピース/尾田栄一郎/集英社

まだその一大事件は起きておらず、目立った行動はバルトロメオくらいしかありません。

物語も終盤なのでそろそろ「一大事件」が起きてもいい頃ですね。

そして一大事件のヒントはこの時のルフィの台詞に隠されています。

もし おれ達が危ねェと思ったら

その時は大声でお前らを呼ぶから!!

そしたら助けてくれよ!!!

ワンピース/尾田栄一郎/集英社

このセリフから、近い将来、麦わらの一味が相当な窮地に立たされることが予想されます。

その時に駆けつけるのが麦わら大船団の面々で、そこで「一大事件」が起きると踏んでいます。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|ティーチの異形の身体の真実

ティーチの身体が異形であることはマルコが語っていました。

そして具体的な異形の内容は、

  • 本来1人1つしか食べられない悪魔の実を2つ食べていること
  • 不眠症(眠れない?眠らない?)体質

ティーチが2つ(もしくは3つ)の悪魔の実を食べられる理由には「結合双生児」「寄生的頭蓋結合体」「心臓を2つ以上持っている」など諸説ありますが、どれも核心はつけていません。

今後、終盤にかけて黒ひげ海賊団との戦いが行われるはずです。

そこに向かって徐々に黒ひげの異形な身体の真実が明らかになっていくのではないでしょうか?

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|麦わらの一味の出生について

麦わらの一味の中で出生やルーツが明らかになっていないメンバーがいます。

ナミ、ゾロ、フランキー、ブルックですね。

サンジについても少し前(といっても随分前ですが)にようやくその強さのルーツがヴィンスモーク家にあることがわかりました。

今後上記4人についてもサンジと同様にそのルーツが明確になっていくと考えられます。

特に超初期メンバーであるナミ、ゾロについては驚くべき出生がある気がしてならないです。

実際ゾロについては霜月リューマとの関係が示唆されていますしね。

ルフィの母親の謎についても気になるところですが、そろそろ一味全員のルーツが徐々に判明してくる段階だと思います。

 

ワンピース1066話以降のネタバレ考察|シャンクスがゴムゴムの実を強奪した理由

ゴムゴムの実はヒトヒトの実モデル幻獣種ニカであることが判明しました。

そしてゴムゴムの実はシャンクスが敵船から奪ったものでしたよね。

そして、その敵船というのが政府の船であったことがフーズ・フーの発言から判明しています。

政府はゴムゴムの実を護送していたほど重要視していたのですが、そもそもシャンクスはゴムゴムの実と知っていて、そしてヒトヒトの実モデル幻獣種ニカであることを知っていて奪ったのでしょうか?

それともたまたま襲った敵船がゴムゴムの実を護送中の政府の船で、たまたまゴムゴムの実を見つけたのか?

シャンクスのキャラ的立ち回りから前者である可能性が高いですが、奪った実際のりゆうや経緯については今後明らかになってきそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報

1066話の確定情報が入ってきたので以下に記載しています。

とっておきのネタバレ情報をどうぞ!

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|オハラは空白の100年のある国の秘密を知った?

ベガパンクは、空白の100年とは「ある王国」vs「20の王国」の戦いの歴史だと言います。

オハラが殲滅された理由はその知ってはならない「ある王国」の存在に気付いたからだというのです。

ある王国は誰にも継がせてはならないと政府は考えており、その秘密を知ったオハラの人々はバスターコールによって亡き者にされたのです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|オハラの学者が守ったオハラの意志

オハラがバスターコールを受けた後、ベガパンクはオハラに向かいます。

そこでベガパンクが見た光景は、オハラの島の中心にある湖に沈められた大量の文献達。

これはオハラの学者達がバスターコールの中、必死に守り抜いた財産と呼べるもの。

この書籍達がオハラの財産でオハラの意志ということすね。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ハグワール・D・サウロがオハラの本を救出

バスターコールによって、オハラの研究書籍は全て焼失したとかんがえられてきました。

しかし、Dの意志を継ぐもの=ハグワール・D・サウロが巨人達を率いてオハラの書籍を救い出していたことが判明します。

そして、オハラの本はエルバフへと運ばれ保管。

となると、ルフィ達のエッグヘッドの次の行き先はエルバフで確定でしょうか。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ドラゴンとベガパンクとオハラ

バスターコールによってかき消されたロビンの故郷であるオハラ。

そのオハラにドラゴンとベガパンクが一緒にいて、バスターコール後に邂逅していたのです。

さらにバスターコールをきっかけにドラゴンは革命軍を結成したというのです。

ベガパンクもドラゴンもクローバー博士と面識があり、クローバー博士に花をたむけに訪れていたようです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ベガパンク(シャカ)はオハラの書籍を全てインプット

サウロによってエルバフへと運び出されたオハラの書籍ですが、シャカは全ての書籍に目を通しているようです。

そして、お腹が読みといた「世界の謎」をシャカはすでに解明しているようです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ハグワール・D・サウロは生きている

ロビンはシャカの話を聞き、サウロについて問います。

シャカはそれに対し、どっちつかずの反応をしますが、ロビンはサウロが生きていると確信したようですね。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ベガパンク本体とルフィが邂逅

ついにルフィとベガパンクが邂逅します。

ベガパンクはルフィがドラゴンの息子であることを知っている様子。

ルフィも父親であるドラゴンのことをあまり知らないようですが、ここでベガパンクからドラゴンの情報が話される可能性が高いですね。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ベガパンクの過去の姿と現在の姿

ベガパンクの姿が明らかになった今回ですが、ベガパンクはかなり異様な姿をしていました。

過去の姿では非常に頭部(脳味噌部分)が長い頭の形をしており、「世界最大の頭脳」というのが体現されている感じでした。

また、現在のベガパンクの姿は、過去と比べると頭が小さくなっており、頭の上部に草のようなものが生えていました。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ドラゴンがベガパンクを自勇軍に誘う

また、過去の描写ではドラゴンがベガパンクを自勇軍に誘う様子が描かれていました。

しかし、ベガパンクは研究費を理由に断っており、政府側の人間になっています。

ドラゴンとベガパンクは古くからの友人と思われますが、ベガパンクがドラゴンを断ったのにはベガパンクが研究したい内容が大きく関わっていそうです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|ベガパンクとサウロは面識があった

サウロのことをオハラで見たベガパンクですが、この時は面識があるわけではありませんでした。

しかし、ベガパンクはエルバフを訪れ、オハラの書籍を全て頭に入れています。

その際にサウロらしき影がいたので、この時初めてサウロとベガパンクは対面したということになりますね。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|サウロは身を潜めている

生存が示唆されたサウロですが、シャカの話によれば、サウロは身を潜めている様子。

シャカはサウロの居場所を知っているようですが、言ってはいけないことになっているみたいですね。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定速報|発売日いつ?次回は休載?

こちらについても現時点では不明なので、情報が入り次第すぐに更新します。

おそらく11月21日(月)の可能性が高いです。

 

ワンピース1066話ネタバレ確定!ベガパンク本体素顔判明&ドラゴンの秘密!まとめ

今回は、ワンピース1066話ネタバレ確定!ベガパンク本体素顔判明&ドラゴンの秘密!と題して1066話のネタバレ考察を行ってきました。

最近、特に濃い内容が続いているので毎週見逃せないですね!

今後も本サイトでネタバレ考察をしっかりやっていくので、ブックマークしておいていただけると幸いです。

情報については随時更新してまいります!

スポンサーリンク