ワンピースのコブラ王殺害の真犯人は誰?死亡理由の真相や生きてる可能性は?
スポンサーリンク

ワンピースのコブラ王殺害の真犯人は誰?死亡理由の真相や生きてる可能性は?について紹介していきます。

とうとう最終章に入ったワンピースですが、1054話ではアラバアスタ王国の12代国王のコブラ王がサボに殺されたというニュースが報じられました。

コブラ王は、かつて麦わらの一味としてルフィと共に旅をした仲間ビビの父親。

サボはルフィの大切な義兄弟であり、そのサボがルフィの仲間の父親であるコブラ王を本当に殺害したのでしょうか?

さらに、ビビが失踪していることからも何か理由がありそうです。

そこで今回は

  • ワンピースのコブラ王殺害の真犯人は誰?
  • ワンピースのコブラ王の死亡理由はなぜで生きてる可能性は?

について考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ワンピースのコブラ王の殺害の真犯人は誰?

まず、ワンピースのコブラ王の殺害の真犯人は誰か?について考察してみます。

ワンピース1054話ではサボがコブラ王を暗殺したというニュースが報じられました。

このニュースは世界に瞬く間に広がり、大きな話題に!

本当にサボがコブラ王を暗殺したのか?なぜコブラ王の娘ビビまでも失踪してしまっているのか?

謎は深まるばかりです。

そして、1058話では最後にサボが革命軍に電話をしたのです。

サボの生死が気になるところでもありましたが、電話があったことで生きていることが確認できて一安心ですね。

そして、どのような内容の電話だったのでしょうか?その内容が1059話で真相が語られるのでしょうか?

1059話以降で真相が語られると想定して、コブラ王殺害の真犯人を

  • サボ
  • イム様
  • 五老星とCP0

と想定しそれぞれの可能性を検討してみました。

 

コブラ王殺害の真犯人はサボ?

まず、コブラ王殺害の真犯人はサボ説について検証してみます。

ワンピース1054話ではサボがコブラ王を暗殺したというニュースが報じられました。

しかし、このニュースが流れた時点ではサボの行方も分からず生死も不明です。

そして、コブラ王の娘ビビはかつてルフィの仲間として共に旅をしていた関係があるのです。

冒頭説明した通り、そんなサボにとって大切な義兄弟であるルフィの仲間の父親を暗殺するとは考えにくいです。

さらに、娘であるビビも失踪して行方不明になっているので、サボが暗殺の犯人に仕立て上げられているなど、何か裏の事情がありそうです。

 

コブラ王殺害の真犯人はイム様?

コブラ王殺害の真犯人はイム様説について検証してみます。

世界会議編で意味深なシーンがありました。

それは、世界政府の最高権力者である五老星が敬っている謎の存在であるイム様が殺害予定の人たちである写真の一番上にあるビビの写真をナイフで刺すのです。

これはまさしく、イム様がビビに対するよからぬ行動を起こす予兆であるようなシーンでもありました。

コブラ王の死はイム様によって、ビビに良からぬ事態が起きた末の結果ではないかと予想されます。

 

コブラ王殺害の真犯人は五老星とCP0?

最後に、コブラ王殺害の真犯人は五老星とCP0説についてです。

五老星が敬っている謎の存在であるイム様はビビの写真を見せてそれにナイフを突き刺しました。

これは五老星に対するビビ暗殺の命令であるとも受け取れます。

そして五老星の特殊エージェントであるCP0にビビを暗殺するようにしかけたのではないかと考えられます。

娘を守るために、コブラ王はビビを守って殺害されてしまったという可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

ワンピースのコブラ王の死亡理由の真相や生きてる可能性は?

次に、ワンピースのコブラ王の死亡理由の真相や生きてる可能性、真相について考察していきます。

サボがコブラ王を暗殺したというニュースが報じられましたが、その内容には色々と謎が残ります。

まず、サボがコブラ王を暗殺する理由がありません。

サボが所属する革命軍の目的は天竜人に奴隷にされているバーソロミュー・くま奪還。

さらに、コブラ王の娘であるビビは大切な義兄弟であるルフィの仲間であったこともある人物ですし、コブラ王は天竜人の血筋とはいえかなりも人格者。

ルフィのかつての仲間の父親であり、世間的にも人格者であるコブラ王をサボが暗殺するのは考えにくいのです。

そもそも、サボにとってコブラ王を殺すことにメリットはありません。

さらに、コブラ王の死体も発見されていないので、生きている可能性もあります。

 

コブラ王の死亡理由は病死?

コブラ王の死亡理由の一つとして病死である可能性があります。

コブラ王は話の端々で病気であることが知られています。

さらに、車椅子に乗っているシーンやビビに「病気のせいにしないでよね」と声をかけられているシーンもあるのでコブラ王の病気は治るものではなく、長く続いていると予想されます。

コブラ王の病気について詳しく描かれているシーンはありませんが、コブラ王の描写が最初の頃と比べると、だんだんと老けているのです。

これは、病気が進行していることを意味していると思われます。

そして、大きな出来事である世界政府会議で病状が悪化する出来事が起こり、死亡してしまったのではないでしょうか。

 

コブラ王の死亡理由はビビを庇ったから?

コブラ王の死亡理由はビビを庇ったからということも考えられます。

世界会議編でイム様が、世界政府の最高権力者である五老星にビビの写真を見せて、その写真にナイフを突き刺す意味深なシーンがありました。

それは、イム様が五老星に対してビビを殺害するように命令したとも受け取れます。

命を狙われたビビを救うためにコブラが身代わりになって死亡してしまったということも想像できますね。

 

コブラ王は生きている可能性がある?

コブラ王は生きている可能性について考えてみます。

結論から言うと生きている可能性は高いと思われます。

なぜなら、コブラ王が死亡したシーンや亡骸の描写がどこにもなく、サボがコブラを暗殺したというニュースだけしか確認する方法がないからです。

世界会議で何か事件が起きたことは確かなようですが、それがコブラ王の死という形で秘密を隠蔽している可能性も考えられます。

そして、ビビの存在に何か大きな秘密がありそうです。

1058話でサボから革命軍に電話がありましたが、その内容はまだ明らかになっておりません。

サボが電話ができる状況であること、そして生存していることが今後のストーリーの重要なカギになってきそうですね。

おそらくは、コブラ王は病気であるため、ビビにはイム様が狙うほどの大きな秘密をコブラ王から受け継いでいると思われます。

ビビを巡ってさまざまな駆け引きや策略がこれから展開していくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ワンピースのコブラ王殺害の真犯人は誰?死亡理由の真相や生きてる可能性は?のまとめ

今回は、ワンピースのコブラ王殺害の真犯人は誰?死亡理由の真相や生きてる可能性は?と題しまして、サボがコブラ王を暗殺したというニュースが本当なのか、そして真犯人は他にいるのかについて考察してきました。

さらには、コブラ王が死亡したと仮定して死亡理由はイム様や五老星によって殺害されたのか、それとも以前から患っていた病気が悪化して死に至ったのかについてもご紹介しました。

またイム様はビビを狙っているようでしたので、大切な娘であるビビを庇ってコブラ王は死んでしまったということも考えられますね。

しかし、コブラ王死亡というニュースは、コブラ王の死体が見つかっていないことや、ビビが失踪していること、さらにはサボがコブラ王を殺害する理由がないことなど、不自然な点がたくさんあるのです。

おそらくは、イム様と五老星たちによる隠蔽であると考えるのが有力です。

そして、ビビは何か大切な秘密を知っているためイム様に狙われているとも思われます。

1058話の最後にはサボからの電話が革命軍にありました、1059話以降では世界会議で何が起きたのか、そしてコブラ王とビビが今どういう状態でいるのかが明らかになってきそうです。

今後のストーリーも楽しみですね!

スポンサーリンク