キングダム最終回どうなるかネタバレ予想!漫画ラストシーン結末をネタバレ!
スポンサーリンク

キングダム最終回どうなるかネタバレ予想!漫画ラストシーン結末をネタバレ!について紹介していきます。

歴史上の史実にある中国の中華統一までを描いた壮大なストーリーのキングダムですが、最終回はどうなるのでしょうか?

また、どこまでをキングダムのストーリーにするのでしょうか?

最初に信が生き残ったことから、きっと本当に大将軍になるのだろうという予測はつきましたが、その後の展開がどのようになるのか毎回気になる内容で、ドキドキしながら見てしまい楽しませてくれます。

史実を知っていれば、大体の予想がつきそうなところですが、実際のところキングダムの最終回はどこまでをストーリーにするのか気になるところです。

そこで今回は、

  • キングダム漫画最終回はどうなるか予想!
  • キングダム漫画ラストシーン結末をネタバレ!

について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

キングダム最終回どうなるかネタバレ予想!

まず、キングダム漫画最終回はどうなるかを予想してみましたので紹介します。

キングダムは史実がもとになっているので、歴史に詳しい人ならば大体のストーリは予想がつくかもしれませんが。

一体、どこまでをキングダムのストーリーで描くのか気になるところです。

さらに、作者の原泰久先生がどのようなストーリーを盛り込むのかインタビューをもとに予想してみました。

 

キングダム最終回予想①信が大将軍になり中華統一する

キングダム最終回予想1番目は、信が大将軍となり中華統一するです。

信が最後には大将軍になるというのは、最初から自分でも言っていたことですし、信の夢でもあったのでこの確率は高いです。

また、幼馴染である漂の死がさらに、信が大将軍になるという覚悟を強くした出来事でもあります。

キングダムはこの最初の漂が殺されるということが、信の大将軍になるという意志の強さと大きく関係しているシーンが何度も出てくるのです。

おそらく最終回は数ある戦いの末、その功績を認められた信が天下の大将軍になり、政は中華統一を果たし始皇帝に即位するのが一番高いと思います。

キングダムでは、中華統一した後も、反抗してくる国はまだまだいることでしょう。

キングダムの最終回は、その対応に追われるシーンもありつつ中華統一を守ために邁進する、始皇帝の政と大将軍の信の姿が描かれるのではないでしょうか。

 

キングダム最終回予想②中華統一までは描かない

キングダム最終回予想2番目は中華統一までは描かないのではないかということです。

史実から中華統一されることはわかっているので、その前の出来事である最大の戦いである楚国との乱戦が、色こく描かれるのではないかと予想します。

さらに、史実では政は中華統一を果たし始皇帝になっており、そして信は秦国の大将軍で、信の子供たちも将軍になっています。

中華統一の前に大きな出来事として楚国との戦いがあるので、戦いの描写がたくさん描かれて、乱戦の末に勝って、信は天下の大将軍になるところまでということも考えられます。

史実では明らかになっている結末なので、最後まで書かないで「あとは想像してね」という場合もあるかも知れません。

キングダムの最終回は楚国との乱戦の末勝利して、信と政がこれから始まる中華統一について思いを馳せるところで終わるのではないでしょうか。

 

キングダム最終回予想③中華統一のその後まで

キングダム最終回予想3番目は中華統一のその後までをストーリーにすることです。

史実では中華統一し政が始皇帝に即位するも、わずか11年で秦国は滅んでしまいます。

そしてその後を継いだ漢は、400年もの間平和を維持することができました。

秦国は数年で滅んでしまいましたが、漢が400年も続いたことは、最初に政が目指していた平和な中華統一の賜物ではないでしょうか。

この、秦国が滅ぶまでの間、何があったのかも気になるところです。

キングダムの最終回は、秦国が滅び政が失脚するところがラストシーンになるのではないでしょうか。

 

キングダム最終回予想④実は政が漂だった

キングダム最終回予想4番目は実は政が漂だったというストーリーです。

実は最初に殺されていたのは影武者であった漂ではなく、王である政であったという結末です。

漂がずっと政の役目を果たしてきていたのなら、かなり衝撃的ですよね!

確率は低いと思いますが、この場合は驚きと感動のラストシーンになりそうです。

 

キングダム最終回予想⑤信の結婚相手は?

キングダム最終回予想五番目は信の結婚相手は誰なのかについてです。

史実では信には子孫がいつので、キングダムの信も誰かと結婚することになりますね。

今まで登場してきた、信と親しい女性キャラは河了貂と羌瘣ですね。

 

河了貂と結婚する可能性は?

河了貂はストーリーの中で「信の夢が叶ってほしい。俺もあいつと幸せになりたい。」という言葉を語っています。

そして、河了貂は信にとっては妹のような存在で、唯一の身内であると発言しています。

この身内と言っているところが、河了貂が結婚相手になるということにも解釈できます。

しかし、河了貂は史実に登場しないキングダムオリジナルのキャラクターであるところが気になります。

キングダムのストーリーは史実と違う解釈もちらほらあるので、河了貂は信と結婚する可能性もありますね。

 

羌瘣と結婚する可能性は?

羌瘣は頭脳明晰で剣の腕前も一流で、飛信隊に入ってからは頼れる存在となりました。

そして、羌瘣はかなり大胆に信に対する思いを発言しており、決定的なのが「お前の子を産む」と信に伝えていることです。

キングダムでは羌瘣は信と出会ってすぐくらいから好きだったということも判明しており、ほぼ一目惚れなのです。

そして史実には信の結婚相手は身分の高いものということだけが記されています。

このことから、羌瘣は史実にも実在する人物で蚩尤(しゆう)一族という身分の高い出身なので、信の結婚相手になる確率は高いでしょう。

 

スポンサーリンク

キングダム最終回の漫画ラストシーン結末をネタバレ!

キングダム漫画のラストシーンでの結末をネタバレについてです。

キングダムは史実をもとにしているのでどこまでをストーリーにするのか読者の間でも話題になっていますよね。

この、キングダムのラストシーンがどのような結末になるのか、作者である原泰久先生が語った言葉からネタバレして考察していきたいと思います。

 

キングダム漫画ラストシーン結末の原泰久先生の構想は?

キングダム漫画ラストシーン結末の原泰久先生の構想はどうなのかについてです。

キングダムの作者である原泰久先生はテレビ出演した時にキングダムの最終回について「武力統一は肯定したくない」という事と「武力統一してしまった政と信がどういう顔をするのかが最終回になるかもしれない」と語っておられました。

この原泰久先生の「武力統一は肯定したくない」という言葉は、政が中華統一を果たすも、わずか11年で泰国が滅んでしまったことを示唆するのではないかと予想されます。

そして次の原泰久先生の「武力統一してしまった政と信がどういう顔をするのかが最終回になるかもしれない」という言葉から、泰国が滅んでしまうまでの出来事を描写して結末を迎えるのではないかと考えられますね。

そして、最後に原先生はテレビ番組の中で「誰かが血を流して得た恩恵みたいなものと、失敗して得たもの、そこを最後に描ければいいかなと思ってますね。」とコメントしています。

このことから、武力によって中華統一を果たしたという恩恵と、武力による政治的な失敗によって泰国が滅び、漢の時代につながっていくシーンが最終回になる確率は高いですね!

 

キングダム漫画ラストシーン結末は信の子孫が登場する?

キングダム漫画ラストシーン結末は信の子孫が登場するのではなかについてです。

史実では信には子供がおり、その子供も将軍になっています。

そして、400年続いた漢の時代に悲劇の名将と言われる「季広」という将軍が登場します。

この季広とは信の子孫にあたり、史実では信が生きていた100年ほど後の話になります。

そして、季広はモンゴルの侵略に対して堅実な戦い方から「飛将軍」として名高い存在になりました。

まさにキングダムの飛信隊と関係がありそうですよね。

キングダムのラストシーンは泰国が滅んだ後も信の子孫である季広が漢の将軍として活躍しているところが描写されているのではないでしょうか。

 

キングダム漫画最終回ラストはいつ?何巻まで?

キングダム漫画最終回ラストはいつで何巻までになるのかについてです。

これは2021年に行われたキングダムの原画展で、原泰久先生がインタビューに答えた内容から予想してみたいと思います。

そのインタビューで、原泰久先生は「あと5年くらいで終わらせたい」という事と「半分程度の期間でかけると思っていたんです」という事を発言しておられました。

キングダムは15年間もジャンプ連載が続いており3ヶ月に1冊のペースで新刊を発行しています。

現在(2022年10月)では66巻までありますが、原泰久先生のお言葉通り後5年で書き上げるのであれば、80巻くらいになるのではないでしょうか。

しかし、半分程度の期間でかけると思っていたということから、最終巻は2倍の100巻超えになるのではないかと思われます。

ですので、キングダムの漫画最終回ラストは2031年頃で100巻超えになるのではないかと予想します。

 

キングダム漫画最終回に回収される伏線は?

キングダム漫画の最終回に回収される伏線は何かについてです。

まず考えておきたいのが、原泰久先生の「武力統一は肯定したくない」と「武力統一してしまった政と信がどういう顔をするのかが最終回になるかもしれない」という言葉です。

このことから、最終回は主人公である信にスポットが当たると考えられます。

そして、史実では信には子孫がいることがわかっているので、キングダムの女性キャラクターのうち誰かと結婚しているはずです。

そこで、結婚するのだろうなと思わせるのが、羌瘣による信に対して言ったセリフです。

先ほども紹介しましたが、羌瘣はあからさまに信のことが好きだとわかるセリフを何度も発言しています。

このことは羌瘣が信と結婚して、後の将軍となる子どもの母親になるという伏線にあたるのではないでしょうか。

最終回では、結婚した信と羌瘣の二人の子どもが、泰国が滅び漢になった時代に将軍として活躍している姿が描写されると思われます。

 

スポンサーリンク

キングダム最終回どうなるかネタバレ予想!漫画ラストシーン結末をネタバレ!まとめ

今回は、キングダム最終回どうなるかネタバレ予想!漫画ラストシーン結末をネタバレ!と題しまして、キングダムのストーリーが史実をもとにしているもののどこまでを描くのかが話題になっていることもあり、最終回はどうなるかについてを考察してきました。

また、中華統一までなのか、それとも中華統一する前までのストーリなのかなど、それぞれ最終回だった場合の結末とラストシーンがどのようなものになるのかを予想しました。

また、作者である原泰久先生の発言をもとに、最終回はどこまであるのかを考察しました。

史実がはっきりしているだけに、いったいどこまでキングダムのストーリは続いていくのか今後が楽しみです。

スポンサーリンク