キングダム746話ネタバレ最新話確定速報!桓騎はカイネを人質にさらう?
スポンサーリンク

キングダムネタバレ746話最新話確定速報!桓騎はカイネを人質にさらう?と題してキングダム最新話のネタバレをお送りします!

今回は、1月26日(木)発売ヤングジャンプに掲載されるキングダム746話最新話のネタバレ情報となります!

前回のキングダムでは、桓騎の剣が李牧に届き、李牧の額から血が流れるという展開でした!

桓騎と李牧の対面が前回の中心で、李牧は額が割れたことでよろめくも、なんとか持ち堪えた様子です。

しかし、その李牧めがけて、トドメを刺そうとする桓騎陣営と守ろうとする李牧陣営。

そんな攻防の様子となりました。

場面は舜水樹軍vs楽華隊が戦っている元へ。

その場に、虎白公率いる虎白隊が到着し、舜水樹軍が楽華隊を抑えている間に李牧の元へ向かいます。

一方の飛信隊ですが、前回信達の近くに突如現れた砂鬼一家は那貴が連れてきたことがわかります。

なぜここにいるのか?信に問われた砂鬼一家はしどろもどろで、砂鬼一家が信の元にいた理由は他にもありそうですね!

そして最後のシーン、傷を負った李牧ですが、傳抵に桓騎を狙うよう指示します。

一同は驚いていましたが、理由はなぜでしょうか?その辺りも注目です!

それでは以上の内容を元に「キングダムネタバレ746話最新話確定速報!桓騎はカイネを人質にさらう?」として746話のネタバレ考察を進めていきましょう!

 

スポンサーリンク

キングダム746話ネタバレ最新話の考察

ここではキングダム746話で起こるであろう内容について考察していきます!

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|桓騎はカイネを人質にさらう?

これまでの桓騎の戦いぶりを見ると、桓騎と李牧が1対1で戦わない可能性もかなりあると考えます。

そこで考えられるのが、李牧のことを命を賭して守ったカイネの利用です。

カイネは史実には登場しないオリジナルのキャラクターですが、李牧はただの間柄ではなく、読者の間では李牧とカイネは恋仲では?と言われるほどの関係。

桓騎はこれまでの戦いで勝つために相手が嫌がることを率先して行う戦法をとってきました。

以上のことから、桓騎がカイネを人質にさらうことで、自身の戦況を良くしようと利用する可能性が考えれらます。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|桓騎は肥下の戦いで死亡する?

キングダムでは強烈な強さ誇る桓騎大将軍ですが、実は史実の上では「肥下の戦い」で死亡します。

つまり、史実通りに桓騎大将軍は死ぬことになるかもしれませんね。

李牧と戦うことを考えると李牧に敗北して死亡という可能性も考えられます。

しかし、キングダムは全て史実通りにストーリーが進んでいる訳ではないので、個人的には桓騎大将軍は生き延びてほしいです。

ストーリー的には、再度、桓騎大将軍の生死を明確に描かずに、後々に生きていた!とわかる流れが妥当でしょうか。

>>史実とキングダムの内容一覧まとめ!違いを徹底検証

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|飛信隊は逃亡する?

飛信隊は楽彰隊との戦いでかなり苦戦を強いられています。

信達としては、楽彰隊の援軍を李牧へ向かわせないよう足止めし、さらに桓騎の元へ駆けつけることができればベスト。

史実の上では、李牧はこの戦いで死ぬことはないですし、むしろ趙軍が勝利を収めることになっています。

桓騎の奇襲作戦が失敗に終わってしまえば終わりですし、仮に桓騎が李牧を討ち取ったとしても趙軍がそこで終わるとも考えにくいです。

となると、信や蒙恬が生き延び、大将軍になるためには、ここは一歩引いて逃げるが勝ちと言えます。

おそらく河了貂がそのように信に説くのではないかと推測します。

>>キングダム最終回に信は大将軍になる?ラストの結末を予想!

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|砂鬼一家が現れた本当の訳

信の元へ現れた砂鬼(さき)一家。

砂鬼一家は、戦闘部隊というよりも、拷問専門の部隊と言えます。

砂鬼一家の登場を見た信も、なぜここに砂鬼一家がいるのか不思議に思っている様子でした。

結局、砂鬼一家に援軍を支持して、信たちは余計に不利になってしまうのですが。。。

砂鬼一家の思惑は一体なんなのでしょうか?桓騎の指示なのか?自暴自棄の行動か?

信の発言からも予想外の砂鬼一家のこの行動が信達の勝負の行方をにぎるかもしれません。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|砂鬼一家は飛信隊加入決定?

仮に、桓騎が負けてしまった時のことを考えてみましょう。

砂鬼一家がなぜ飛信隊の近くにいたのか?

やはり、桓騎の指示であると考えるのが妥当でしょう。

では桓騎の考えはというと、桓騎は砂鬼一家を生かしたいという想い、虐殺をもうさせたくないという思いが強いのではないでしょうか?

桓騎が亡くなった時のことを考えると桓騎の語り部賭して砂鬼一家が飛信隊にいるというのは納得できる展開です。

というよりも、桓騎が砂鬼一家を飛信隊に託したと考えると漫画的展開からもアツいのでそうあって欲しいですね。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|幼少期の桓騎の生い立ちが明らかに?

これまで、少年時代の桓騎の様子は描かれていましたが、その描写の始まりは山中の道端に倒れていた13歳の少年桓騎を偲央が見つけるところからスタートしています。

桓騎不在の間に語られたこの話ですが、宜安城に桓騎が到着したことで過去の回想は終了に。

いずれにしても13歳以前の桓騎については桓騎しか知る由はありません。

おそらくですが、桓騎が死ぬ直前で過去の回顧の描写があり、そこで13歳以前の桓騎の様子が描かれ、家族や両親など含めた生い立ちがわかるのではないでしょうか。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|摩論が桓騎を裏切り逃亡?

桓騎軍で参謀を務めている摩論。

摩論は桓騎軍の中では忠誠心が薄い方で、これまでも自分だけが助かればいいという発言を繰り返しています。

李牧とついに対面した桓騎ですが、周りは趙軍だらけ。

桓騎劣勢なのは変わらずですが、仮に桓騎が李牧を討ち取ったとしても周りの趙軍に取り囲まれてしまうでしょう。

劣勢な桓騎の様子を予想してこれまで裏切りのフラグを立てまくっていた摩論がついに裏切る!という展開もあり得そうですね。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|桓騎の弱点はカリスマ性?

李牧は桓騎について「ある弱点がある」と発言していました。

また、慶舎についても同様に桓騎の弱点を見破ったと言っており、両者が指す弱点は同じものの可能性が高いです。

そして、史実上からも、桓騎はこの肥下の戦いでかなり苦戦を強いられることになるはず。

桓騎の弱点を知っている李牧はそこを攻めてくるはずで、その際に桓騎の弱点についての伏線が回収されることになるのではないでしょうか?

筆者の考えでは桓騎の弱点は「カリスマ性」「戦略のすごさ」と考えます。

信と比較してみるとよくわかりますが、桓騎は信頼というよりカリスマ性や利害によって人が周りに集まっています。

どちらも将軍として必要なものに違いはありませんが、窮地に陥った時やはり「信頼関係」に勝るものはありません。

また、巧妙な戦略も桓騎の特徴ですが、桓騎の周りは内容を知らずに動いていたなんてことがままあります。

つまり、桓騎は仲間内で戦略についての意思疎通が十分にできていないと言うこともできますね。

以上のことから桓騎の弱点は「カリスマ性」「戦略のすごさ」の可能性があります。

 

キングダム746話ネタバレ最新話の考察|桓騎軍のタトゥーの意味は?

桓騎にはありませんが桓騎軍の多くはタトゥーが入っています

魔論、砂鬼、那貴にも入っているタトゥー。

これにはどのような意味があるのでしょうか?

キングダムの時代背景を考えると、ファンションでタトゥーを入れていたことは考えにくく、何かしら意味があるはずですね。

古代中国においては、犯罪者にタトゥーをつけたり、一部の民族では地位の高い人物に特有のタトゥーをつけていたりしました。

想像はできませんが、桓騎軍のメンバー実は特定の地域で地位の高い人物だった人たちの集まりと考えると面白いですね。

地位が高い人物だったが、不当に剥奪されて怒りのままに桓騎軍入り、、、などあり得ますね!

 

スポンサーリンク

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報

キングダム746話ネタバレ確定の内容は情報が判明次第追記していきます。

公開日前日、前々日くらいを目処に更新していきます。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報|

現在調査中です。

 

スポンサーリンク

キングダム746話ネタバレ最新話確定速報!桓騎はカイネを人質にさらう?のまとめ

今回は、キングダムネタバレ746話最新話確定速報!桓騎はカイネを人質にさらう?と題してキングダム746話のネタバレ考察をしてきました。

ついに対面した桓騎と李牧。

まずは桓騎が李牧に傷を負わせましたが、今後の展開はどうなるのでしょうか?!

また史実上では桓騎はこの戦いで死亡することになっていますが、キングダムではどうなるのかも注目ですね!

スポンサーリンク